• 2020-07-02
  • 2021-04-22

子供からのサイン 発達障害のセルフ診断チェックリスト

自分の子供が発達障害かもしれない。そう思ったらいてもたってもいられませんよね。ただいきなり病院に行くのも勇気がいるものです。そこでこの記事では発達障害(自閉症・ADHD・発達障害含む)のセルフチェックが出来るリストをご用意いたしました。 簡易的に調べることが出来るものと、DSM-5という世界的な基準 […]

  • 2020-08-27
  • 2021-06-01

【2021年版】発達障害児支援に関するお勧めの資格3選!

発達障害児の支援に関する資格があることをご存じでしたか? 最近は発達障害もしくはグレーゾーンと言われる子供が10人に1人と言われる時代です。その関係で療育施設や放課後デイだけでなく保育士や教職員の方も、発達障害児の対応を求められるようになっています。その際、役に立つのが本日紹介する資格となります。 […]

  • 2021-02-13
  • 2021-06-01

児童発達支援士と発達障害児支援士資格を徹底比較

発達障害児支援の資格にはいくつか種類があるのですが、その中でも人気・知名度が高い2つの資格があるのをご存じでしょうか。それが一般社団法人 人間力認定協会が認定する「児童発達支援士」と四谷学院が認定する「発達障害児支援士」資格です。この2つの資格はツイッターやインスタなどのSNS上で「どう違うの?どっ […]

  • 2020-06-27
  • 2021-04-22

注意欠陥多動性障害(ADHD)のセルフ診断チェックリスト

注意欠陥多動性障害(ADHD)は7歳までに発症するというのが一つの特徴となっています。落ち着きがなく、学校でも座っていられないなどの問題が発生しています。我が子がもしかしたら注意欠陥多動性障害(ADHD)ではないか?と不安に感じている方、一度セルフチェックをしてみてはいかがでしょうか? 注意欠陥多動 […]

  • 2021-02-01
  • 2021-06-01

主婦に人気の児童発達支援士資格を取得した感想・口コミ!

こんにちは2児のママ”miina”です!先日「児童発達支援士」という資格の学習をして資格の取得をしました!発達障害関連の資格はいろいろとありますが、この資格をお勧めしているサイトがあったのでその記事を見て、私も詳細を問い合せて受験してみました。今回はその結果と、感想、口コミについてまとめていきたいと […]

  • 2020-06-29
  • 2021-04-22

自閉スペクトラム症の感覚過敏を知り子供のストレスを軽減させる

自閉スペクトラム症の特性を持つ子供の中には、感覚がとても敏感で、他の子がほとんど気に留めないような刺激でも強烈に感じてしまい、それが強いストレスに繋がっている子がいます。 この記事では、自閉スペクトラム症の子供が達がどのようなことに対して、感覚過敏があるかを確認し、適切な対応が取れるようにしていきま […]

  • 2020-12-28
  • 2021-06-01

発達障害・ADHDでお悩みの方にお勧めの児童発達支援士資格とは

今回は、2020年に人気が出て一時ツイッターでも話題になった「児童発達支援士」について紹介をしていきたいと思います。大まかにいえば、発達障害(ADHD・自閉症・学習障害等を含む)をもつ子供を支援・サポートするために役立つ資格となります。発達障害児の対応に追われる保護者や教育・介護関係者に役に立つ資格 […]

  • 2020-07-29
  • 2021-04-22

偉人の○○は発達障害だった!?子供たちの勇気に!

お子様が発達障害かもしれない、そう思った時やはり保護者としては、深く悩んでしまうものです。 しかし、今日はそんな保護者・そしてお子様に勇気を持ってもらうための記事となります。子どもの自己肯定感を上げ積極的になれれば、あなたのお子様もある分野で「天才」になることができるかもしれません。 さぁ、目をあけ […]

  • 2020-06-18
  • 2021-04-08

【小学生の保護者・主婦必見】子供のコミュニケーション力が低い理由とは?

子供をお持ちの方であれば、「うちの子、コミュニケーションが下手で」「何を言いたいのか全然わからない」「人の話を全く聞けなくて困る」このようなお悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。逆にうちの子はコミュ力抜群で何の問題もありません!という家庭の方が少ないでしょう。 人生を楽しく生きるうえで最も […]

  • 2020-07-06
  • 2021-03-21

ADHD(注意欠陥・多動性)の子供のワーキングメモリを知る

ADHDの子供は「忘れ物が多い」や「すぐ物をなくす」といった特徴があります。これは脳機能の一部であるワーキングメモリがうまく働かないがために起こることです。このことを理解してれば「怒り」もあまりわかないようになります。発達障害児の支援をする時の基本は理解です。理解することで、言葉がけや皆さんの感情も […]