【2022年版】発達障害児支援に関するお勧めの資格3選!

発達障害児の支援に関する資格があることをご存じでしたか?

最近は発達障害もしくはグレーゾーンと言われる子供が10人に1人と言われる時代です。その関係で療育施設や放課後デイだけでなく保育士や教職員の方も、発達障害児の対応を求められるようになっています。その際、役に立つのが本日紹介する資格となります。

どのような種類があり、どのような特徴があるのか確認しましょう。

発達障害児支援に関するおすすめの資格3選!

それでは発達障害児支援に関する資格3選をご紹介します。

実は今回ご紹介する3つの資格以外にも似たような資格は存在します。その中でも規模や口コミ、内容を判断したうえで、私なりのオススメを紹介させていただきます。資格を取得する目的は人それぞれ異なると思いますので、目的に応じた資格を選んでいただけると良いのではないかと思います。

【お勧め資格①】児童発達支援士

最初にご紹介する資格は、一般社団法人 人間力認定協会が認定する「児童発達支援士」資格です。

「人間力認定」というだけあって、主にいじめや引きこもり・自殺を防ぐための活動をしています。児童発達支援士以外にも、発達障害コミュニケーションサポーターやタッチタイピング検定という資格を扱っています。

全国にある学習教室に通う生徒3万人に対して様々なアプローチを実践し、効果が実証されたものだけをテキストで紹介しています(マナカルでも試行実験を行っていました)。またアメリカシカゴの大学で研究をしていた脳科学者にもプログラムを見てもらったとのこと。以上のことからも「効果があるもの」を期待する方にお勧めできます。

児童発達支援士の資格情報は下記の通りです。

資格名称児童発達支援士
(履歴書記載可能)
受験資格特になし
学習目安15時間~30時間程度
受講料金37,400円(税込)
試験料金4,070円(税込)
試験方法オンライン試験
支払方法クレジットカード
(分割払いも可)
銀行振込
※受講料金は割引適用価格

児童発達支援士資格の特徴は、大きく2つの学習内容に分かれていることです。

  1. 発達障害についての専門知識
  2. 子供の能力を引き出す接し方

他の資格は比較的発達障害のことだけに特化していることが多いです。ただ児童発達支援士資格は、子供の能力を引き出す接し方についてかなりボリューム(およそ半分程度)がさかれています。その理由について、こちらのWEBページの「よくあるご質問」にありましたので紹介します。

発達障害に関する知識以外の勉強をするのはなぜですか?

これは私どもの理念でもあるのですが、発達障害児を発達障害者として見るのではなく、ひとりの人間としてみますもっと大きく言えば、人間を動物としてみます。このように大きな枠で見ていくことで根本的な解決が出来るものなのです。例えば、発達障害のことだけに焦点を当てるのは、風邪薬を飲むのと同じようなこと。対して人間や動物として見ていくことは、風邪を根本から直すため生活習慣を見直すようなことなのです。つまりこうすことが一番の近道なのです。

https://www.manacal.co.jp/hattatu-license/より引用

発達障害児に対する対応がその場しのぎや、対処療法的なものではなく根本的な部分から改善を目指している点が素晴らしいですね。

資格の情報をまとめていると分かるのですが、ただ資格ビジネスとして活動している団体としっかりと受講者のことを考慮し活動している団体がハッキリわかれることがわかります。今回紹介した3つは本当にどれもオススメできるものですが、その他の資格の中には、、、、

児童発達支援士では、ワークブックというものも別紙で用意されています。そのワークブックでは「支援とは?」「自己分析と他者分析」「聴く姿勢と話す態度」「問題解決のための5つのステップ」などといった実践ワークが盛りだくさんです。心理学に基づいたコミュニケーションアプローチ方法を具体的に学べてとても満足感があると思います。こういうおまけがついていいるのも嬉しいですよね。

そして何よりこの資格、物凄く人気があり認定開始からすでに9,000名以上(2022.5.26現在)の受講者が集まっているとのこと。発達障害関連の資格は複数ありますが、私が知る中では一番受講者数と人気が高まっている資格です。割引キャンペーンや特典プレゼントなどのイベントを頻繁にやっているので、興味のある方は早めに確認されたほうが良いと思います。

最近まとめた記事で「発達障害児支援の人気資格3つを累計受講者数で徹底比較!」という記事を書いたのですが、そちらでも紹介している通り、発達障害支援の資格で最も累計受講者数が多いのがこの児童発達支援士でした。様々な情報から、この資格は発達障害資格の代表!といっても過言ではないかもしれません。

関連記事
発達障害児支援の人気資格3つを累計受講者数で徹底比較!

また児童発達支援士は同協会が認定している発達障害コミュニケーションサポーターとセットで申し込むと割引になります。割引にも信念が感じられ、協会のHPにはこのように記載がありました。

「受講者数が2万人に達するまで随時割引を実施します。真の支援をするためには、支援の輪を拡げることが先決です。そのために協会としても可能な範囲での割引販売をしていきます」

一般社団法人 人間力認定協会 公式HPより引用

割引が頻繁に行われているため、Twitterなどでは「ちょっとビジネスっぽさを感じる」という書き込みも見られます。この辺りをどうとらえるかは個人で違うでしょう。私個人としては、いくら良い商品を作っていてもネット上で人の目に触れなければないも同然であり、結局それは発達障害者の支援が拡がらないことに繋がるわけですから、協会の目的が「支援の輪を拡げる」という事であれば自然な行動ではないかな?と思います。逆に粗悪な激安な物ばかりがネット上にあふれ、実際に購入したら「安かろう悪かろう」であまり良いものではなかった。。。というパターンも最近では多いように感じますので、私はクオリティがしっかりしているのであれば良いのではないかと感じました。

まとめると、この資格は発達障害児支援の資格の中で、初心者から中級者にお勧めできる資格と言えそうです。

外部リンク
一般社団法人 人間力認定協会 児童発達支援士

また公式のYOUTUBEチャンネルも開設されており、そこでは1分動画学習というものが確認できました。この目的は、「定期的な学習機会を提供する事で、理解を広め、支援の輪を拡げていくため」とのことです。資格だけ販売してそれで終了という団体ではないということがよくわかります。

 

申し込みのタイミングにもよりますが、このようなノベルティもプレゼントされているようです。多くの人に資格を受講させたいというよりは、受講者に満足をプレゼントしますよというメッセージが伝わってくる法人であることがわかります。

ノベルティ

児童発達支援士

発達障がい児支援の資格として人気が高く、累計受講者数も圧倒的と話題の児童発達支援士の公式販売サイトです。発達障害の特性を…

【お勧め資格②】発達障害児支援士資格

次にご紹介するのが、四谷学院が認定する「発達障害児支援士資格」です。

本講座は、国内外で自閉症児教育に50年以上の実績を誇る学校法人武蔵野東学園の先生方が現場で実践され、「本当に効果があった」と認められた発達障害児への支援に関する根本的な考え方と具体的なノウハウをお伝えすべく開発されました。

・友達にすぐ手を出してしまう子にどう対応するか
・パニックで叫ぶ子に、パニックを起こさないために、事前にできる声かけとは何か?
・どうしたら相手の気持ちがわかるようになるのか?
・手先が不器用な子にどう対応するか?

教育の現場では、このようにたくさんの困りごとに対処する必要があります。発達障害のある子どもたちは一人ひとりの個性による差が大きいため、対応方法は多種多様です。

こちらは圧倒的な実績を強調されており、権威性抜群と言ったところです。

スマホでの受講が出来、サンプルも確認できるという充実ぶり。動画による講義も多数あるようなので、受講する際の分かり易さという点では群を抜いているかもしれません。そのあたりは流石大手の四谷学院と言ったところです。ただサンプル動画を見させていただきましたが、なんとなく「ん?」と感じるクオリティでした。あくまでサンプルなのでこの程度なのかもしれませんが、10万円以上の講座でこの動画だとしたらちょっと・・・です。下記がサンプル動画のスクショです。判断は皆さんにお任せします。

こちらの資格の詳細は下記の通りです。

資格名称発達障害児支援士
受験資格保育園・幼稚園・小学校の先生
児童発達支援事業・放課後デイなどの福祉従事者など
発達障害児の指導・支援に関わる方
学習目安15時間程度(オンライン動画講義)
受講料金109,780円 (税込)
試験料金HPに記載なし
試験方法認定試験(オンライン・記述式)
支払方法クレジットカード払い

決して安くはありませんが、充実した内容のカリキュラムを受講することが出来ます。

ただこちらも受講資格がありますので、全く関係のない方が今から勉強して、、、と言う事は難しそうです。とはいえ、「発達障害児の指導・支援にかかわる方」というのは恐らく保護者も含まれていると思いますので、多くの方が受講対象になると思います。ただ位置づけとしては、少し難しい内容も含まれるため、発達障害に関する知識が全くない状態からチャレンジするのは少し難しいかもしれません。

こちらの資格は入門編というよりは中級~上級者向けの資格ということが出来そうです。

資格の知名度としては最低限はありますが、児童発達支援士や子ども発達障がい支援アドバイザーと比較するとあまり拡がっていない印象です。次の項目でも紹介しますが、SNSを見たときに「発達障害児支援士」というキーワードがあまり出てこない事からそのように感じます。

関連記事
児童発達支援士と発達障害児支援士資格を徹底比較

外部リンク

発達障害児支援士は専門スキルが身に付く実用的資格

【お勧め資格③】子ども発達障がい支援アドバイザー講座

つぎは、ユーキャンから販売されている「子ども発達障がい支援アドバイザー講座」となります。この資格は、ユーキャンが販売を行っていますが、認定しているのは「発達凸凹アカデミー」という団体のようです。

子ども発達障がい支援アドバイザーとは、子どもの発達に関する理解を深め、成長に合わせて適切なサポートを実践できるようになる資格です。ユーキャンならわずか3ヵ月で、発達障がいに関する知識から接し方、事例まで包括的に学べます。さらに講座修了で「子ども発達障がい支援アドバイザー」の資格取得も! ご家庭内での生活や成長の支援だけでなく、保育士の方やボランティアなどで子どもと関わる機会が多い方にもおすすめです。

公式サイトより引用(https://www.u-can.co.jp/course/data/in_html/1524/)

こちらの資格は2021年9月1日に認定が開始となった資格のようです。そのため今回紹介している4つの資格の中で最も新しい資格になります。まだ受講者数などの情報は出てきていません。

こちらの講座の資料請求をして確認をしましたが、レベル的には初心者向けという印象が強かったです。恐らく一つ目で紹介した児童発達支援士よりもさらに入門向けという位置づけのようです。その証拠にユーキャンでもこのような表記がありました。

当講座のカリキュラムは、お子さんが抱える発達障がいやグレーゾーン(以下、発達障がいといいます。)の基礎知識を学習し、家庭内で生活支援や成育支援ができる知識を身につけるものです。したがいまして、プロのアドバイザーとして、発達障がいをお持ちのお子さんのカウンセリングを行ったり、他者に教えたりするレベルの設定はされていません。

ここで表記があるように、仕事でこの資格を活かすというよりも、我が子のためにという方の方が向いていると思われます。

ユーキャンが開発をしていることもあって、教材はフルカラーで綺麗な印象です。インターネット上での学習も出来るようになっているようですが、正直こちらはイマイチだなと感じました。テキストで勉強したほうがわかり易そうですし、動画のクオリティもそんなに高いとは言えず、最新の資格のわりにちょっと古い印象を覚える動画だと感じました。私なりに動画のクオリティをランク付けすると「児童発達支援士>子ども発達障がい支援アドバイザー>発達障害児支援士」という順番ですね。

また試験は課題を提出し70%以上の正答率で合格となるようですが、認定証をもらうには別途料金が必要になるという事です。また課題といっても、記述式のものではなく、選択肢の中から答えを選ぶだけのようなので簡単ですし、自宅でやっているわけですから、テキストを見ながら試験を受けれるので(一応見ないで受けてくださいとは書いてあります)、「資格」と呼ぶにはどうかな?というところはあります。ただ資格の名前だけ欲しいという方もいると思うので、そういう意味では気軽に取得出来て良いかもしれません。

あとこれは気にされる方とそうでない方がいると思いますが、認定元の「発達凸凹アカデミー」さんについて書かれている記事の中で、ちょっと気になるものがありましたので共有します。簡単に言うと、この資格を入り口にインストラクターコースに申し込ませる流れがあるかもしれない。。。というものです。詳細は下記のサイトで書かれていたので、気になる方はご確認ください。

子ども発達障がい支援アドバイザーはユーキャンが販売しておりますが、ユーキャンでは毎年1月・5月・9月頃に5000円OFFキャンペーンと言うものをやっています。今年もキャンペーンがあるか分かりませんが、お申込みをされる際はこういったタイミングを狙うと良いかもしれません。

関連記事
児童発達支援士とユーキャンの子ども発達障がい支援アドバイザー資格を比較

外部リンク
「子ども発達障がい支援アドバイザー講座」がユーキャンにて販売開始

 

資格名称子ども発達障がい支援アドバイザー講座
受験資格特になし
学習目安3カ月(最大6か月)
受講料金32,000円(税込)
試験料金不要(認定証は別途)
試験方法自宅にて課題提出
支払方法ゆうちょ・コンビニ払い・クレカ払い

外部リンク
子ども発達障がい支援アドバイザー講座

資格の知名度をSNSで比較

現代では、SNSを利用して企業やサービスがどれだけ流行っているのかがリアルタイムで調べることができます。SNSは企業側が操作できることではないため、ある程度信頼できる情報と言えるでしょう。今回は、フォロワー数ではなく、Instagramのハッシュタグの数で比較をしたいと思います。なぜかというと、フォロワー数って購入することができるのです。信じられないかもしれませんが、私のところにも実際にその営業メールが来たので間違いありませせん。1万ユーザーを○○円で購入。ができるのです。そのため私はフォロワー数はあまり信用していません。

そこで誤魔化しなしの情報を得られるのがInstagramのハッシュタグです。ハッシュタグはインスタで記事更新をした際に付けられるものなので、不正をすると違和感がすぐに伝わるため、不正利用の確率が低いんです。ここでは各資格名のハッシュタグがどれほどあるか調査結果を報告します。(2022.6.17現在)

  1. #児童発達支援士:1815件
  2. #子ども発達障がい支援アドバイザー:158件
  3. #発達障害児支援士:110件

このような結果となりました。1位の児童発達支援士が圧倒的に多いことがわかりました。10倍以上の差をつけています。実際に書き込み内容を確認しましたが、「児童発達支援士に合格しましたー」というコメント共に、立派な認定証を公開しているかたがほとんどでした。ここから見えてくることは、受講者数が一定数いるという事と、受講して満足している方が多いという事です。受講が不満足であれば合格してもこういった書き込みをわざわざしませんからね。

発達障害児の支援に資格は必要なのか

発達障害児支援の資格を取得される方には2つのケースがあります。1つは我が子が発達障害だったりグレーゾーンであるケースです。もう1つは療育施設や保育施設で働いている方や働こうかなと考えている方。それぞれのケースで解説は異なるので分けてご紹介します。

ケース① 我が子が発達障害

まず我が子が発達障害であるという場合には、当然資格として保有する必要はありません。しかし、一般社団法人 人間力認定協会の理事長が書いたブログでは受講者の半数は、主婦であり仕事で活かす予定がない方だとありました。資格として保有する必要がない人がそれだけ沢山受講されているという事です。いったいなぜでしょうか?

外部記事
発達障害児を支援するためには資格が必要か?

理由はいくつかあると思いますが、私なりに3つにまとめてみたいと思います。

1つ目は、書籍やインターネットで学ぶのとは違い、資格学習であれば体系的な学びができるからではないでしょうか。発達障害に関する情報や書籍は沢山出ています。しかし、そういった情報というのはどこか偏った情報になりがちです。著者の考え方が直接書籍に反映されているため、どうしても知識は偏ってしまいます。例えば、発達障害は障害ではなくあくまで個性だ!という思いが強い筆者が書いた本の場合は、どうしても教育的な話が多くなり、医学的な見地は無視されてしまうでしょう。逆にお医者様が書いた書籍というのは、医学的な見地ばかりで教育的な要素はほとんど出てこないという場合もあるでしょう。しかし、資格であれば総合的に幅広い知識を得ることができますし、つぎはぎの知識ではなく体系的な知識になる点が大きいのだと思います。

2つ目は、他者に対して説得の材料に出来るという要素です。子育ては正解がなく悩みがつきものです。さらに発達障害となれば、さらに難しいものとなり日々迷ってしまうでしょう。発達障害やグレーゾーンであることを家族に相談した時に、それは育て方が悪い、考え方がおかしい、心配しすぎだ、過保護だと言われてしまうということもあるでしょう。しかし、そういった時でも資格としてしっかりと学んでいれば、周りの言葉も変わってくるでしょう。「あなたが言うなら」と納得してくれる可能性が高くなると思います。そういった部分も影響していると思います。

3つ目は、自分自身の自信とするためというものです。特に専業主婦の方の場合は、誉められることが少なくなるため自分だけ成長していないと疎外感を感じてしまうことがあると思います。そういった方の場合は、私も成長しているんだ!と自信をつける目的で取得されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

このような理由で就転職に関係がなくても、資格として保有しているのだと思います。

ケース② 就転職で活用する!

こういったケースの場合はわかりやすいですよね。やはりアピールするには資格があったほうがプラスになるでしょう。

まず発達障害児の支援関連の資格には国家資格はありません。そのため、民間資格の中から選ぶことになります。その際の候補として有力なのがここで紹介してる3つだと思っています。

就転職で活かす場合には「知名度」「内容が充実しているか」の2つが重要だと思います。知名度が全くない資格を取得してもあまり意味がないでしょう。また知名度は合っても中身が全然伴っていない場合も意味がないでしょう。ここで紹介した3つの資格を知名度と内容が充実しているかで表すと次のようになるでしょう。(三段階評価)

  1. 児童発達支援士:知名度A・内容B
  2. 発達障害児支援士:知名度C・内容B+
  3. 子ども発達障がい支援アドバイザー:知名度B・内容C

これらを踏まえると、就転職に活かしたい!という方は特に、児童発達支援士が最もお勧めだと言えます。逆に子ども発達障がい支援アドバイザーは上記でも紹介した通り、あくまでも家庭での支援を想定したものとなりますので、就転職のために取得するという事はお勧めできません。

【まとめ】発達障害児支援に関するおすすめの資格3選!

以上で発達障害児支援に関する資格の紹介を終わりたいと思います。

どの資格がよい、わるいということはなく、どれがご自身の性に合うかの問題だと思います。それぞれのホームページのリンクも貼ってありますので、そちらから是非ご確認いただけたらと思います。

発達障害児に関係する資格は、どれも民間資格となっていますので、どれが就職に有利でどれが有利ではないという差異もあまりないとご理解いただき問題ないと思います。それよりも、学びたいと思っている内容に近いものがあるかどうかで判断されると良いでしょう。団体によっては問い合わせをするとテキストサンプルを見せてくださる団体もあります。

こういったところの対応が素早く丁寧な団体を選ぶことも大切なひとつかもしれませんね!

児童発達支援士

発達障がい児支援の資格として人気が高く、累計受講者数も圧倒的と話題の児童発達支援士の公式販売サイトです。発達障害の特性を…