【実体験】障害者でも楽しく働ける3つのポイント

皆様こんにちは”junya”です!
今回の記事は身体障害者の私が就職をしてからの経験を元にした記事となっています。シリーズ化していますので是非ご覧ください。

引きこもりになったきっかけから、引きこもっていた時に考えていた事や感じた事、抜け出したきっかけなどをお話していきたいと思います。この記事は現在引きこもりで悩んでいる方や、親御さんなど周りの方の参考になればと思い書いています。

ぜひ最後まで読んでいただきたいです。

実体験シリーズ
引きこもりだった障害者が抜け出した1つのきっかけ
元引きこもりの障害者が伝える就職をする為の大切なポイント
障害者でも楽しく働ける3つのポイント
障害者の私が引きこもりになった時の話

私の障害について(二分脊椎症)

私は二分脊椎という障害をもっており、排尿・排便障害を伴っています。そのため健常者の方よりもトイレに行く頻度が高く、時間もかかってしまいます。しかし自分の意志ではどうにもコントロールできない部分なのです。

障害者の私が初めての就職をした時

一番最初に初めて就職した時の話です。
コンビニでのアルバイト経験はあったのですが、フルタイムの労働は初めての経験でした。

とある企業の障碍者雇用で入社する事ができました。
ただ障害者雇用と言っても業務内容はまったく健常者の方と変わらない内容です。
少し変わった環境で同じ場所で働いている人はいるのですが、直属の上司・先輩と言える方が近くにいない状況で分からない事だらけで、仕事は溜まっていく一方でした。

また排泄障害の事で過去にイジメやそれに近い経験を何回もした事があり、当時の私はあまり自分の事を話すのが得意ではなく、障害の詳細を伝えるのにも抵抗がありました。
ざっくりとお手洗いに時間がかかる程度の事しか言えてなかったと思います。本当は急な体調の変化も当然ありますし、お手洗いに行く回数が多くても平気な時があれば、ダメになってしまう時もあります。

本当は一緒に働いている人にこうした事をしっかりと伝えなければいけませんでした。
ですが結局伝える事はせずに、症状は出るためお手洗いに行ったり、早退が頻発したりしていきました。そうして周りの方とすれ違っていき、白い目で見られる事も。私は精神的にも少しずつ落ち込むようになっていき最終的に退職することになりました。

引きこもりの期間と就職面接会

退職した私は家族やお医者さんと話し合い、まずは体調や、精神面を落ち着かせてから次の事を考えよう。落ち着いたら、フルタイムの労働ではなくアルバイト等で、短い時間で働ける環境を探してゆっくりと社会にまた出ようという話になりました。

この時に次の就職先を急かしてこなかった家族にすごく感謝をしています。一回辛い思いをしてしまった時にすぐに次を急かされると、精神的にかなり負担がかかります。もし周りに同じような経験をされている方が居たら、少しだけゆっくりする時間を作ってあげて下さい。それは整理する時間にもなりますし、落ち着くための時間にもなります。

少し安定してきた私はアルバイトなどを探し、応募、面接をしていました。もちろん障害者という事は伝えていましたし、私が無理をせずに働ける範囲の物に限って応募していました。
ですが結果は全ての面接に落ちました。過去にアルバイトをしていたコンビニでさえも、「もっといい所があると思うよ。」と言われました。

そして私は働く所も探せず、自己嫌悪に陥り外に出る事が無くなっていきました。ここからが引きこもりの期間です。
当時の詳しい話はこちらでしていますので、気になった方はご覧ください。

上の記事でも書いているのですが、とあるきっかけで外に出れるようになり、ハローワークの障害者就職面接会に行く事がありました。
面接会には色々な企業が集まり、とにかく色々な企業に面接に行けるいい機会でした。行ってみた感想ですが、面接慣れしてない人ほど行くと良い機会になると思います。

私は10件ほど面接を受けましたが、相手も障害者だと分かった上で面接をするため最初に色々な事を聞いてくれます。
それは相手が気になっている事であり、自分が言わなくてもいいだろうと思った事でも聞いてくれるため、何を相手に伝えればいいかしっかりと理解することができます。

ちなみに私はこの時全て落ちてしまいましたが、本当にいい経験になりました。

障害者の私が再就職をしてから

そして色々経験した私は現在働いてる所で働き始めてから1年と半年が経ちました。
さきほどの記事でも書いていますが、引きこもりから脱出するきっかけになった所で働いています。

ここでは最初に業務の事を話す前に、まず話し合いから始まりました。
私の事をしっかりと知ろうとしてくれてるのがすごく伝わってきて、私もどんな症状などがあるのかなどをしっかりと言う事ができました。

また話し合いをした上で、「これでも絶対に理解しきれないと思うし、何かあったらどんどん言ってほしい。」と言ってもらえました。
とにかく自分の事を考えた上で、できる事できない事などをしっかりと判断し、少しずつできる事を増やしていく事になりました。

ここまで考えてくれて、私にこういう考え方でやっていこうと思っている。と伝えてくれる事は今までありませんでした。
そうして伝えてくれたおかげで、私自身の事に対して伝えてきた事が少なすぎたなと反省するきっかけにもなりました。

途中精神的に辛くなり、泣きながら上司に相談した事が何度かあります(笑)
これは昔より私が成長したなと感じる事の1つだったりします。昔のままだったら間違いなく、相談する事ができずにどんどん自分を責めてまた精神的に悪い方向へ行く事になっていたと思います。
ですが、今は相談をする事ができるようになりました。最初に話し合いをしたり、業務の合間によく話をしてもらったりと、とにかくお互いの感じている事や考えている事を伝えていた事が影響していると思います。

正直、ここまで良い環境は滅多に無いと思います。
障害者雇用という物は私が初めて就職した時より大分増えてきたように感じます。そのため働き始めるまでは少しは良くなったと思います。
ですが、働き始めてからの環境についてはまだ改善途中なのかなと思うこともあります。

ですので障害者の方は就職をしたら、必ず最初に話し合う時間を取ってもらい、自分の事を全て伝えてみましょう。
そうする事で自分が働く上でより良い環境を作る1歩になるかもしれません。

外部リンク
発達障害児支援の人気資格|児童発達支援士公式サイト

まとめ:【障害者の私が就職してからの話】

最後に働いていく上で大切な事をまとめていきたいと思います。

  1. とにかく相手(上司・先輩)の事を知り、自分の事を知ってもらう
  2. 全て理解してもらえないと分かっても、伝える事が大切
  3. 自分が思っているより相手は迷惑と感じる事はない

これは自分が働いてから分かった事です。3については実際に上司や先輩から言ってもらって知る事ができました。

この記事が誰か就職に悩んでいる方の力になれば幸いです!
私はたくさんの所に面接に行き、落ちています。それでも今は楽しく働く事ができています。

働けていないからといって、急いだり焦ったりして自分を追い詰めないようにしてください。何処かでいい所があるはずです。
就職先を探しながら自分のスキルアップなどをしつつ、探していきましょう!

関連記事
HTML/CSSを習得するための効果的な学習方法【プログラミング初心者必見】

ここまでご覧いただきありがとうございました!