• 総合TOP
  • マナカル kids
  • マナカルPCスクール
  • マナカルFITS ME
  • FC募集
  • ホームページ制作

マナカルの理念

社名「エルエーシーコーポレーション」の意味と「リベラルアーツ」

リベラルアーツ

Liberal arts And Communicationの頭文字をとってエルエーシーコーポレーションとしました。
いわば、リベラルアーツコミュニケーションを教育する企業ということです。
ところで、みなさんはリベラルアーツという言葉はご存じでしょうか?
リベラルアーツとは、その源流を古代ローマ時代にまでさかのぼる学問の考え方で、人を自由にする学問、専門性を身に付ける前の一般教養、基礎能力のことを言います。
そこには7つの学問があり、セブンリベラルアーツと呼ばれていました。

そもそも、マナカルってどういう意味?

マナカル

『教養』を意味するカルチャー(Culture)。社名のLACを逆にするとCAL。元来、教養(Culture)を身に付けるための学問のLiberal arts との語呂合わせの意味も込めて、
学ぼう!Comunication And Liberal arts(Culture)
学CAL(マナカル)としました。
マナカルには幼児からシニアまでを対象にしたマナカルPCと4歳から15歳までを対象にしたマナカルkidsがあります。

マナカルの理念

教育を通して生活の質の向上を目指します

生活の質の向上

教育の格差が生活の質の格差につながっています。
マナカルはリベラルアーツ教育とコミュニケーション教育を通して人を自由にし、生活の質の向上を目指します。

「学び」の先にある「安らぎ」と「笑顔」

「安らぎ」と「笑顔」

知識と教養で生活が豊かになり、心安らかな生活を送る。そこには多くの笑顔が生まれます。
マナカルが提供したいのは、「学び」の先にある、この「笑顔」なのです。

具体的に行っている事業

マナカルkids事業

マナカルKIDS事業

パズル・計算力・書写・作文・コンピュータ・プログラミング・コミュニケーションの7科目を現代の初等教育におけるリベラルアーツと位置づけ、それらを4つのコースに分類。知識をただ教え込むのではなく、子供たちの個性や能力を引き出すという真のエデュケーション(教育)を行っています。
これらの学習を通して、リベラルアーツ(一般教養)、コンピュータ、コミュニケーションを統合的に学ぶことで、グローバル社会を力強く生き抜く人材の育成を目指しています。

詳しくはこちら

マナカルPC事業

マナカルPC事業

技術と人の懸け橋となるべく、幼児からシニアまでを対象に実践的パソコン活用法を学習します。マイクロソフトオフィスをベースとし、学習しやすいようにテーマ別に分類。IT時代に必要なスキルを楽しく効率的に学んでいただけることが特徴です。

詳しくはこちら

FC事業

FC事業

LACコーポレーションでは、マナカルkids事業、マナカルPC事業に興味を持たれた皆様向けに、FC事業も展開しております。少子高齢化社会対応のビジネスモデルとして、各地のフランチャイジーから注目を集めています。

詳しくはこちら