• 総合TOP
  • マナカル kids
  • マナカルPCスクール
  • マナカルFITS ME
  • FC募集
  • ホームページ制作

ハイパーキッズプログラミングコース

ハイパーキッズプログラミングコースについて

ハイパーキッズプログラミングコースについて

ハイパーキッズプログラミングコースのご紹介

初級編、中級編、上級編とステップアップで学べるから安心

初級編、中級編、上級編とステップアップで学べるから安心

ところでマナカルに寄せられる質問で一番多いのが「プログラムやったことないんですが大丈夫でしょうか?」という質問です。どうぞ、ご遠慮無く! やったことがないから通っていただくんですから!
ちなみにマナカルでは「初級編」「中級編」「上級編」と徐々にステップアップしていきます。幼稚園生で通われてる方もいらっしゃいますから、お気軽にお問い合わせください。

初級編(プログラミン講座)

初級編(プログラミン講座)

初級編で取り組んでもらうのは「プログラミン」という名前の子供向け(子ども向け)プログラム開発用ソフトウェア。
このプログラミンですが、プログラミング初心者の子どもたちでもゲーム感覚でプログラムを学べるように、文部科学省が開発したツールです。
初心者向けのプログラミンですが、ロジカルな処理命令を組み立てていく工程は、大規模なプログラミングと基本的には変わらないため、将来本格的なプログラミングを学ぶための「はじめの一歩」と考えてください。

さて、「はじめの一歩」という位置づけのプログラミンですが、工夫次第でなかなか凝ったプログラムが作れちゃうんです!
「プログラミン」で作ったプログラムを公開している「http://programin.jp/」というサイトがございますので、ぜひそちらでご確認いただければと思います。

初級編(プログラミン講座)

※出展 「http://programin.jp/」

ところで余談ですが、プログラミン導入した理由のひとつに「文科省対策」があります。どういうことかというと、今回のプログラミング教育必修化に伴い、その教育ツールとして、プログラミンが導入される可能性が高いからなのです。何しろ自分の省庁が開発したツールですからね(笑)

中級編(scratch(スクラッチ)講座)

中級編(scratch(スクラッチ)講座)

中級編で取り組んでもらうのは「scratch(スクラッチ)」という名前のプログラム開発用ソフトウェア。
このscratch(スクラッチ)ですが、実は「プログラミン」の原型になった、プログラミング初心者向け、子供向け(子ども向け)の世界的なソフトウェア。世界的に有名なMIT(マサチューセッツ工科大)が開発したものです。プログラミン同様、初心者向けのプログラミンですが、ロジカルな処理命令を組み立てていく工程は、大規模なプログラミングと基本的には変わりません。
また、プログラミンよりもより高度な処理をおこなうことができますから、プログラミンでプログラムを作る基本的な流れをつかんだお子さんが、次のステップとして選択するのに最適なソフトウェアといえるでしょう。「http://www.nhk.or.jp/gijutsu/programming/origin/scratch/works.html」というサイトで面白い作品が公開されていますので、ぜひそちらでご確認いただければと思います。

ハイパーキッズプログラミングコースのメリット

情操教育も意識したカリキュラム

時々、親御さんから受ける相談に「プログラムばっかりやってたらオタクみたいになっちゃうんじゃ?」というものがあります。
ご安心ください。マナカルでは、音楽を作るプログラム、童話を作るプログラム、絵画を作るプログラムなどプログラムを学びながら自然に情操教育にもつながるカリキュラムになっています。

情操教育も意識したカリキュラム

ひょっとすると未来のマーク・ザッカーバーグになれるかも!?

かのスティーブ・ジョブズがかつて「Apple社はテクノロジーとリベラル・アーツの交差点にいる」と発言していますが、私たちマナカルが心がけている核心がまさにここにあります。

単にプログラムミングを教えるだけでは親御さんたちが懸念されているように、オタクを量産するだけという結果になりかねません。
私たちは、お子さん向けのコミュニケーショントレーニングを開講するなど、人として正しく生きていくためのリベラル・アーツ教育をその根幹に置いております。この点が他のプログラミングスクールと大きく違うことは強く主張させていただきます。
※リベラル・アーツ教育についてはこちらをご覧ください ⇒

他の講座も充実

前述させていただきましたが、マナカルはプログラミング以外にもMicrosoft Office系の資格を取得するための『MOS対策・MOSマスター対策コース』、PCのハード周りのスペシャリストになれる『パソコン整備士講座』、WEBクリエイターを目指せる『WEBクリエイター講座』など、さらなる発展を目指したいお子さんの期待に応えらる講座があります。
さらには、お子様向けの『コミュニケーショントレーニング』を用意しておりますので、もしそちらも受講いただくと、リベラル・アーツのエッセンスに触れ、プログラミングスキルも身につけ、さらにはコミュニケーション力まで備えているという、まさにハイパーキッズの誕生となります!

他の講座も充実

2020年から義務教育でプログラミングが必修になります

国をあげた成長戦略の一環としての施策

終戦の荒廃の中から立ち直り、戦後の高度経済成長を支えてきたのは、日本の『ものづくり』の力でした。繊維、電気、自動車等々の各種製品の輸出産業が牽引することで日本は世界第2位の経済大国にまでのぼりつめ、『ジャパン・アズ・ナンバーワン』という書籍がベストセラーになったほどです。
その後発生したバブル経済崩壊による「失われた20年」を経た今の日本経済は、SAMSUNGなどのアジア勢の後塵を拝し、大手家電メーカーのひとつは台湾メーカーに買収され、また別の大手家電メーカーは不正経理問題から経営危機寸前まで追い込まれ、ある名門自動車メーカーは燃費の不正によって信用が地に落ち・・・惨憺たる状況です。
現在の日本は、今まで日本経済を支えてきた『ものづくり』に代わる新たな『メシの種』を確立していかなければならない状況に追い込まれています。
『人工知能』『ロボット開発』『スマホアプリの開発』『モノのインターネット』等々の有望分野で世界的な競争に打ち勝っていくためには、ビジネス感覚も備えた優秀なプログラマーを育成し、Appleを創業したスティーブ・ジョブズ、Microsoftを創業したビル・ゲイツ、Facebookを創業したマーク・ザッカーバーグらのような新しいビジネスを自ら起ちあげ、日本に多くの雇用と多くの利益をもたらしてくれる企業を作りあげることができる起業家を育てて行く必要がある・・・。小学生という子供(子ども)時代からのプログラミング教育義務化にはそのような背景があるのです。

『従来型のものづくり』から『高付加価値なものづくり』への移行

IT人材が不足している現状への対処

下のグラフをご覧ください。情報処理推進機構の「IT人材白書2016」のデータになります。IT企業各社へのアンケートの結果、IT人材の不足は年を追うごとに高まるばかりであることがわかります。
このままの現状を放置していたままでは、世界中の国を相手にした「IT戦争」に勝つことはできません。

IT人材が不足している現状への対処

※出展 情報処理推進機構「IT人材白書2016」

またIT企業以外の各社が推し進めたいIT化の遅れで、他のビジネスジャンルにおいてもIT人材が不足すると悪い影響が生じてしまいます。例えば自動運転の技術はクルマの技術の問題より間違いなくプログラムの問題ですし、スマート家電なども家電の性能の問題よりもやはりプログラムの優劣がすべてを決します。これらの重要課題に取り組むITエンジニアが不足すると他国のライバル企業との戦いに負けてしまうのです!これらの背景を鑑み、政府は国としてIT人材の十分な確保を目指してプログラミング教育の必修化を実施することになったと言われています。

プログラミングを学ぶメリット

ズバリ、就職に困りません!

下のグラフをご覧ください。特に■のグラフに注目してください。

IT人材が不足している現状への対処

※出展 intelligence「DODA 転職求人倍率レポート」

ここ数年の動きを見るにつけ、転職市場で圧倒的な求人倍率を誇るのが「技術系(IT/通信)」の分野であることは一目瞭然です。
当然ですが、IT人材を確保したい各企業からはこぞって高待遇(給与面、福利厚生面)で迎えてもらえますし、仮に転職することになったとしてもすぐに次の仕事が見つかりやすいため、安心感が非常にあります。

受験にも有利になる可能性大

受験にも有利になる可能性大

プログラミングが必修科目になってくるということは、例えば高校受験の際の内申点に影響するのはほぼ確実になってくるのではないでしょうか。
またIT人材育成の必要性を感じた各大学当局もこぞって、情報系の学部、学科を新設する可能性が大きく、その際の受験科目として「プログラミング」が必須科目になるケースが増えることが予想され、このプログラミング科目のでき次第で合否が決まってくる可能性も十分に想定されます。

論理的思考力が身につきます

論理的思考力が身につきます

中には「自分は将来IT業界に進む気もないし、プログラミングが受験必須科目なところも受験する気はないから関係ない」とおっしゃる方もいらっしゃるでしょう。
ただ、仮にITと一切関わりがない大学に行こうが、職業生活を送ろうが、プログラムを勉強することで、論理的思考力が身につくというメリットがあるのです。
iPhoneを世に送り出したことで有名なApple社の創業者のスティーブ・ジョブズもかつてのインタビューで次のように述べています。

「大事なのは思考プロセスを知り考える方法を知ることさ。 米国人は全員プログラミングを学ぶべきだ。 (略) コンピューター科学は私にすれば一般教養さ。 人生の中の1年をかけて皆が学ぶべきだと思うんだ、プログラミングの方法をね。」

ひょっとすると未来のマーク・ザッカーバーグになれるかも!?

ひょっとすると未来のマーク・ザッカーバーグになれるかも!?

現代社会はITの恩恵なしには成り立ちません。例えば「明日からスマートフォンの使用禁止。全員ガラケーに戻しなさい!」なんて法律ができてしまったら困りますよね?
ところで、この現代のIT社会を作り上げた巨人たち、例えば、Microsoft創業者のビル・ゲイツ、Apple創業者のひとりスティーブ・ウォズニアック、Facebook創業者のマーク・ザッカーバーグ、Google創業者のラリー・ペイジといったそうそうたる面々の共通点が幼少期からプログラミングに馴染んでいたということです。
いたからこそ、身につけたITスキルと組み合わせてビッグビジネスを産みだしたのです。
皆さんのお子さんも幼少期からプログラミング教育を受けつつ、もちろん情操教育とのバランスも取りながら成長していくことで、未来のマーク・ザッカーバーグになれるかもしれませんよ!

代表あいさつ

代表あいさつ

マナカルのパソコン教育は今年で20周年を迎えます。これまで直営校のみならず、専門学校、高校などの他の教育機関でのパソコン授業も数多く担当してまいりました。
皆さんもご存知の通り、2020年から学校教育へのプログラミング教育の導入が決定しました。このページでもその有益性を証明しておりますが、私はこれを大きな教育の変化だととらえています。
プログラミングの過程はまさにロジカルシンキングの積み重ねであり、論理的思考、論理的話法を身に付けるうえでも大変有効です。
20年のコンピュータ教育の実績がある我が校では、プログラミング一辺倒ではなく、同時に、タッチタイピング、Microsoftオフィス製品、Web作成、各種パソコン資格など、総合的なITスキルを身に付けさせることが可能です。また、同じ教室で開講しているマナカルkidsはコミュニケーション能力を高めるための教室です。
私はアップル社のスティーブ・ジョブズが提唱したように、技術力とリベラルアーツ(一般教養)が交わるところに画期的な発明があると信じています。
一時的なブームに終わらないIT技術の習得をぜひお子様に受けさせてあげてください。

マナカルその他の事業
News&Information
  • 社長ブログ
  • 特注ビニール.com

【東京都】

文京区

【静岡県】

浜松市中区,浜松市西区,静岡市葵区,静岡市清水区,磐田市

【愛知県】

豊橋市,岡崎市

【福岡県】

福岡市